Earth Light Project

プロジェクト概要

Earth Light Project(ELP)は、人類史上初めて、炎を成層圏に打ち上げ、宇宙を背景にした「炎越しの地球」を撮影するプロジェクトです。打ち上げの様子を地球全体で見守ります。撮った映像は「共生社会の新たなシンボル」にすべく、活用していきます。

なぜコロナ禍の今やるのか

2020年、世界は新型コロナウイルスという新たな脅威に直面しました。

同じ空間をともにする場を失い、人と繋がる事に臆病になった私たちの生活は、あっという間に分断されていきました。

ひとつ、またひとつと希望は失われ、世界が一つになる象徴である東京オリンピックは、大会史上初めて延期が決定。

それでも、世界が一つになることを諦めたくないと私たちは立ち上がりました。

「世界を一つにする」という役割を背負った2021オリンピック開催国の日本から、分断が蔓延するこの星に何かできることはないか考えた結果が、このプロジェクトです。

なぜ宇宙を目指すのか

宇宙という壮大なテーマは、これまでにも、同じ目標に向かうことで、異なる背景をもつ人々同士をつなげる役割を果たしてきました。

史上最も成功した国際共同プロジェクトと言えば、国際宇宙ステーションです。様々な国が、国益を越えた協力をしたからこそ、実現しています。

今、自国第一主義や人種差別問題の再燃、移民問題などといった形で、「世界の分断」が加速しています。だからこそELPは、「それでも世界がつながることを諦めない」をテーマに、宇宙を目指すことにしたのです。

なぜ炎を掲げるのか

人は大昔から炎を囲み、つながりを強くしてきました。

一方で、炎は歴史の中で、常に破壊の象徴でもありました。

つながりを強めることと、破壊することの、両方を活かして、平和の象徴を担ってきたのが、オリンピックの聖火リレーです。

私たちは聖火リレーの哲学に共鳴し、炎を「人と人とを繋ぎなおす象徴」として掲げることにしたのです。

「地球全体で見守る」とは

打ち上げ当日は、スペースバルーンの打ち上げから炎の点火までを放送する番組を作成。

番組内では、打ち上げ会場と、炎越しの地球をYouTubeで同時にライブ配信します。

「炎越しの地球」が共生社会のシンボルになるために

「共生社会勉強会」を開催し、世の中にどんな分断があるのか、乗り越えるために何ができるのか、様々な分野について、研究者や実践者をお呼びして、学び続けています。

コロナ禍においても「つながることを諦めなかった」若者たちの挑戦を、広げていくプロジェクトも進めています。2021年12月から2022年1月に渡っての、千葉市科学館での展示を皮切りにして、全国の子どもたちに向けて、打ち上げを支えた技術や、ELPの想いを伝えることを目指しています。絵本や映画の制作も検討中です。

ELPのこれまでのあゆみ

クラウドファンディング成功

炎を成層圏に打ち上げるために、どうやって費用を集めたのか。

それは、クラウドファンディングです。

2020年7月から54日間に渡り行ったクラファンは、最終的には目標金額の750万円を大きく上回る1,059万4,566円を、合計655名の方からご支援いただきました。これは、CAMPFIREの「チャレンジ」カテゴリで歴代4位の支援額です。

このような多額の金額を集めることができたのは支援者の皆様のおかげです。心より感謝を申し上げます。

1回目の打ち上げ

2021年5月に打ち上げを予定していましたが、緊急事態宣言の発令により、2度も延期をせざるを得ませんでした。

そして2021年6月。

台風の影響で危ぶまれながらも、やっと打ち上げに成功。

今回は成層圏からの映像撮影に成功するも、燃焼機にアクシデントが発生。

成層圏での炎の点火はかないませんでした。

2回目の打ち上げ

2021年9,10月に予定していたものの、緊急事態宣言や悪天候によって打ち上げが出来ませんでした。

2022年3月の打ち上げに向けて、さらに準備を進めています。

理念を強めるためのイベントの実施

ELPは、炎の打ち上げにあたり、理念を強めるためのイベントも企画しました。

・Candle night “Imagine”

全世界から参加者を集めた、平和を想うためのオンラインのキャンドルイベントです。John Lennonの名曲“Imagine”をはじめ、音楽パフォーマンスを開催。使用したキャンドルをイベント後に世界中から回収し、溶かして1本の「世界のキャンドル」を作成。成層圏へ打ち上げる炎の燃料の一部に使用しました。

・Earthian Hack

「クリエーションで分断を乗り越える」というビジョンを掲げて、賞金付きのオンラインハッカソンを企画。南アフリカやインド、中国、アメリカなど、9つの国と8つのタイムゾーンから集まり、チームを組んで、「分断を乗り越える仕掛け」をテーマにしてサービスをつくりました。

ELPの今後

3月の打ち上げに向けて、そしてその輪を広げるためにも、Earth Light Projectの活動は続きます。

その取り組みの1つが、全国科学館巡回展です。2021年12月から2022年1月に渡っての、千葉市科学館での展示を皮切りにして、全国の子どもたちに向けて、打ち上げを支えた技術や、ELPの想いを伝えることを目指しています。

NPO法人おりがみでは、ELPに加わる仲間を募集しています。

当サイトや各SNSよりお問い合わせください。

NPO法人おりがみ|もうひとつの役割をオーダーメイドする