団体概要

団体名NPO法人おりがみ
代表者名都築 則彦
団体所在地〒275-0022
千葉県習志野市香澄3丁目8番8号
設立認証年月日2021年01月27日
法人設立年月日2021年02月04日
定款内閣府ポータルサイトへ

理事一覧

都築 則彦 (NPO法人おりがみ理事長)

築 則彦(Tsuzuki Norihiko)
NPO法人おりがみ理事長
千葉大学大学院人文公共学府博士後期課程
専門:地域社会学・ボランティア研究

牛乳配達を営む家庭に生まれ、大きな世界を夢見てオリンピック・パラリンピックの最前線へ。2014年にオリンピック・パラリンピックへの参画の幅を広げることを目的に「学生団体おりがみ」を設立。以降、2021年まで代表を務める。有限会社トウチク代表取締役。Earth Light Project実行委員会代表。全国学生ボランティアフォーラム代表。2019千葉大学学長表彰受賞。
※活動にいたる経緯はこちら

深澤 文 (副理事長・文化事業担当)

澤 文(Fukazawa Aya)
NPO法人おりがみ副理事長
千葉大学人文学科行動科学コース社会学専修
専門:家族社会学

うえの夏まつり復活プロジェクトを2018年に創設。上野を拠点に、「文化・芸術で社会と向き合う」アートプロデューサー。アートとまちを繋ぐ「藝を育むまち同好会」や文化ボランティアの企画・支援を行う「東京文化ライオンズクラブ」の創設メンバー。映像クリエイター、キャンドル作家。

杉山 大樹 (副理事長・事業推進担当)

山 大樹(Sugiyama Daiki)
NPO法人おりがみ副理事長
ファシリテーター
編集者

東京大学経済学部卒。N高校・ライフイズテックなど教育現場や、「東京モーターショー 10代未来会議」などイベント・対談の場づくりが専門。NHKのオリパラ向けオンラインメディア「ワガモノ2020」「東大オンラインメディアUmeeT」などメディアの立ち上げ・編集長を担当。株式会社リツアンSTC所属。

原 実李 (副理事長・研究統括担当)

実李(Hara Minori)
NPO法人おりがみ副理事長
千葉大学大学院総合国際学位プログラム修士課程
専門:オリンピック研究

「平和の祭典」としてのオリンピックに活動と研究の両面から取り組む。2020年ローザンヌユースオリンピック冬季大会公式ボランティア参加。研究テーマは「オリンピックナショナリズム」。学際研究に取り組む。国際オリンピック学会による2019年国際青年セッション・2021年大学院生セッション日本代表。2019年千葉大学派遣留学生(パリ東大学)。

梅原 大空 (副理事長・人事総務担当)

原 大空(Umehara Ozora)
NPO法人おりがみ副理事長
専門:文化人類学

学生団体おりがみ初代副代表。BVLGARIにて上級CLアドバイザーを6年間務めたのち、金融業界にて法務を担当。大学時代に無名の演劇部を率いて全国大会ベスト8に導いた経験や、東進HS最難関大コースでの指導を活かし、団体内で保健室業務(コーチング)を担当。Pocochaプロデューサー年間最高売上保持者。休日は有名BL作家。建築コンペの優勝経験多数あり。

都築 政憲 (理事・福祉事業担当)

築 政憲(Tsuzuki Masanori)
NPO法人おりがみ理事
千葉大学教育学部研究生
専門:社会教育学

学生団体おりがみ副代表を兼務。千葉大学教育学部研究生で社会教育学を専攻。自身の吃音症をきっかけに共生社会に関心をもち、大学生と特別支援学校の生徒による交流会やボランティアの協働活動「パラコネクトプロジェクト」を立ち上げるなど、障害分野やパラリンピックに関わる。活動を通してつながった大学生5名、特別支援学校生徒4名は、千葉県の最終聖火ランナーに選定された。第2回全国学生ボランティアフォーラム代表。千葉大学文学部授業「障害者のリアルに迫る」初代代表。「おにわ – 緒庭 – プロジェクト」代表。

杉本 昂熙  (理事・学生団体連携担当)

本 昂熙(Sugimoto Takaki)
NPO法人おりがみ理事
学生団体おりがみ代表
東洋大学経営学部

学生団体おりがみ二代目代表。オリンピック開催直前に代表を引き継ぎ、大会期間中の団体運営を担う。他団体の設立代表経験や、豊富な企画経験を活かし、大会後の団体方針策定を先導。東京2020パラリンピック聖火ランナー。Earth Light Project 事務局⻑。特定非営利法人World Football Ship 理事。
※インタビュー記事はこちら、学生団体おりがみの詳細はこちら

青木 晃胤 (理事・渉外担当)

木 晃胤(Aoki Koin)
NPO法人おりがみ理事

学生団体おりがみ元副代表、明治大学政治経済学部卒。国連NGOのメンバーとして、3年間、国内外の国際会議及びワークショップの企画運営、現地支部の立上げを行う。「日本人の私にしか出来ない支援」を掲げて、現地メンバー主体の組織づくりに精力を注ぐ。主要渉外先は、大統領府局長、教育省次官・局長、国連協会会長・事務総長、国立中高一貫校理事長他。現在、国内通信会社に所属。

取 美海(Katori Minami)
NPO法人おりがみ理事

株式会社 教育と探求社所属。千葉大学理学部物理学科卒。大学の4年間、学生団体おりがみで活動し、教育チームのリーダーおよび副代表を務める。ボランティアの活動を通して、自分の領域を超えたチャレンジで新たな自分に出会える経験をし、現在も様々なフィールドでチャレンジしつつ、自分らしい生き方を模索中。

村田将 (理事・会計担当)

田 将(Murata Sho)
NPO法人おりがみ理事

株式会社クルイト所属。千葉大学大学院融合理工学府修了。大学院では放射線医療に関する研究を行っていた。研究を通して自分のやりたいことをもう一度見つめなおし、現在は大学受験予備校の校舎長を務め、高校生の進路選択の可能性を広げることに取り組む。

小林 瞭 (監事)

林 瞭(Kobayashi Ryo)
NPO法人おりがみ監事

学生団体おりがみ元副代表、第四回学生ボランティアフォーラム運営を担当。北陸先端科学技術大学院大学卒業。ドラえもんを実現させるために大学院で研究する。ドラえもんを”人の気持ちが分かるロボット”と定義し、その方法について認知科学を学ぶ。ボランティア自体はまだまだ初心者ながら、居場所としてのボランティアに可能性を感じている。

岡田 美優  (顧問・パラスポーツ教育担当)

田 美優(Okada Miyu)
NPO法人おりがみ顧問
早稲田大学大学院博士後期課程
専門:パラスポーツ教育のアウトカム評価

車いすバスケットボール、車いすハンドボールを始めとしたパラスポーツを通じ、教育プログラムの研究・開発・実践を行う「一般社団法人Knockü」の代表。ビジョンとして、”一人ひとりが「ありのままの自分」と「自分と違う他者」の存在を認め、互いに支え合い、共に生きる世界をつくる” を掲げる。
※記事一覧はこちら

NPO法人おりがみ|もうひとつの役割をオーダーメイドする